輝念了崔琥転麼匈 > 咄赤 > Next to you咄赤

Next to you咄赤

辺茄
處蟹
SOLIDEMO
恬簡
恬爆

Next to you咄赤兆嫋壓瀲赤彿坿双燕

Next to you初府

嚏貧がりの怜瘁 佩き住う繁の襖に剃らう業
朕の念に検かぶ梧に 裏丶みながら篠り耶うふたり
どしゃ週りの嶄ひとり 嚏にれて譱す憂
eれもそうだねって 返を尅りほどいた あの住餓泣で

ねぇ 書だけ日き恰でもいい? 殆岷になることが竃栖なくなっても
ねぇ 書だけ樋恰でもいい? 尖喇を冥すより日く圭がいい

書のWがどこのlと採を竃栖るんだろう
仝いつでも そばにいるよ々あの晩閉いあって住わした
そんなs崩に

To be myself, To be yourself, To be oneself
(秧れた 裏丶んだ ってみた 匐わなくても)
(秧れた 裏丶んだ いつまでも 埴をさがして)

^ぎる晩?の嶄 Wは徭蛍の樋さ欷兇ながら
富しずつ埴といたが 房い竃になりかけていた

そう、Wらはいつの晩かきっと それぞれが宙いた襪い鯤屬砲垢
そう、それでも梨れるわけじゃない いつでも伉に埴がいたこと

丶い栽って 蛍かち栽ったかけがえのないもの
rには埴の丶房い竃して 富し日いたり それでもいいよね?

To be myself, To be yourself, To be oneself
(さよならも ごめんねも いらないよ 埴の並を)
(挫きでいた 寔gは いつまでも 笋錣蕕覆いら)

隆栖へ、委堡~は 挫きだった梧が縮えてくれた
(Day by Day)くなる伉の嶄で
ただ仝ありがとう々

書のWがどこのlと採を竃栖るんだろう
iいてきた祇を そう侘は`ってても 苧晩に笋┐

埴と竃穴い禅に鯛ちた 侑せというStory
仝いつでも そばにいるよ々あの晩閉いあって住わした
そんなs崩に

To be myself, To be yourself, To be oneself
(秧れて 裏丶んで っていた 埴の並を)
(もしもまた 氏えたなら そのrは屈繁丶って)

ゞNext to you〃咄赤得胎